ウォーターサーバー岩手県

ミネラルウォーター製造元って?

ミネラルウォーターというと、きれいな水というイメージを持つ人も多いかもしれません。ところで、きれいな水を製造する中で、どのような手法が使われているのでしょうか?従来は、ミネラルウォーターを作るために、加熱することで、殺菌をするという処理をするのが主流でした。確かに過熱をすることで、水の中に雑菌が混じっていたとしても、死滅することはできます。

しかし過熱をしてしまうと、水の風味が損なわれてしまうところがあります。特に天然水の場合、水のもともと持っている味わいというのが、売りになります。その売りを、加熱することで殺してしまうところがあったのです。そこで、最近になって、加熱処理に代わる、新しい製造方法が、紹介され、注目を集めています。

それが、MCFS型と呼ばれる除菌装置です。この除菌装置には、フィルターが使われています。このフィルターですが、かなり目が細かく設計されています。このため、どんなに小さな雑菌や不純物であっても、ろ過をするときにストップすることができるわけです。ですから、限りなく不純物の含まれていない、水を製造することができるわけです。

しかも、ろ過をするだけですから、熱を加える必要はありません。つまり、水のもともと持っている風味を損なうことなく、不純物を除去することができるわけです。特殊な膜を使って、ろ過されているミネラルウォーターを購入したほうが、味もおいしいですし、安全です。